HOME>技術情報>フィットフレーム工法>工法タイプ選択>Nタイプ・WEBタイプ施工手順
 
|Nタイプ・WEBタイプ施工手順|Nタイプ施工実績WEBタイプ 施工実績
据付工
フィットフレームをのり面にアンカー仮緊張により据付ける。
グラウンドアンカー荷重は、Nタイプ50〜70kN、WEBタイプ50〜100kN程度を目安とする。
 

  
鋼製有孔型枠(ブラインド加工鋼板)
使用材料/めっき鋼板
コンクリート打設工
1. 高流動コンクリートを打設する。
 

  高流動コンクリート仕様
呼び強度
(N/mm2
スランプフロー
(cm)
空気量
(%)
24以上 60±5 4.5±1.5
最大骨材寸法
(mm)
混和剤
20 高性能AE減水剤

スランプフロー試験

  2.リークしたペーストはブラシで均一に仕上げる。
   
グラウンドアンカー定着工
所定の荷重でアンカーを緊張定着する。
 

→|Nタイプ施工実績WEBタイプ施工実績

HOME

UP

Copyright 2003- Fitframe. All Rights Reserved